連合内ルール

一般的でなく、連合内での取り決めごとを書いていくページ

資源のトレード

すでに資源が保有上限値を超えて、無駄に垂れ流している人もいるはずです。

こんな感じに ↓ (上段:鉄 下段:油) ※下図は資源入手量2倍ブーストイベント中のもの

資源溢れ.png

連合員の中には遅れて入ってきたために、ろくな資源地を占領することができず
資源不足で困っている人もいるはずです。

他サーバーで、これまでいた連合では、チャットで直接やりとりして
資源を直接輸送するという方法とっていました。

しかし、この方法だと、ほんの一部のチャットに入っている人が
いちいち、どの基地にいくら欲しいのか聞いたりで、
めんどくさいし、結局活発的に資源のやりとりをしているところを
見たことがありませんでした。

そこで、トレードの仕組みをうまく利用する方法を考えました。

やり方は ライセンスのやりとり と考え方は同じですが
少し注意事項があります。

資源を提供して欲しい人

まず、資源同士のトレードでは、数量が3倍を超えてはいけないというルールがあります。

資源トレード出品.png

そこで、資源が欲しい基地の貿易事務所で

  出品資源:5万

  希望資源:15万

で出品して、差し引き10万手に入れるというやり方です。

このとき、資源の種類は、出品資源も希望資源も同じ資源の種類で行ってください。

数量は、3倍を超えない範囲で好きに設定してもいいですが、
あまり一度に多数の資源を要求しても応じてくれる人がいないかもしれないから
適度な数量で出品してください。

資源を提供する人

まず、自分が提供してもいい資源がある基地の貿易事務所で
絞込みを行って、例えば、人を提供したい場合

出品物絞込み も 希望物絞込み 資源(人)にして検索します。

資源トレード.png

こういったやり方をする連合を今のところ見たことないので、
同じ資源で絞り込みをすれば、うちの連合の出品物が出てくると思います。

最後にトレードを決定するときは、出品者が自分の連合の人であることを
国民リストで確認してください。 

トレードの相手の選択

トレードリストって、開いてる貿易事務所のある基地から近い順にソートされてるので、
近い相手の出品の順に表示されます。

プレイ中にトレードするなら、近い相手を選ぶと、輸送機がすぐ帰ってくるので
輸送機が必要なときは、近くの相手を選ぶといいですね。

逆に、寝る前とかプレイをやめる前に、ちょっとチェックして
トレードしてもいい相手がいれば、リストの後ろの方の遠くの相手の
出品をトレードしてあげてもいいかもしれませんね。

模擬連合戦

模擬連合戦とは、連合戦というシステムを利用して、
兵器を消耗させることなく、BPポイント(連合戦で発生するポイント)を稼ぎ
連合戦終了後にBPポイントに応じた連合メダルをもらうというものです。

公式サイト(連合戦)
http://dsweb.hangame.co.jp/community/noticebbs.nhn?m=read&gameid=DSR_NOTICE&docid=3794863

連合戦のシステム

■BPを獲得するには
①敵対連合に攻撃し、兵器を撃破した場合にBPをできます。

②敵対連合の基地・所有資源値の耐久度を減らした場合にBPを獲得できます。
  メイン基地の場合、耐久度を減らすことはできませんが
  耐久度がある前提で処理されるため、耐久値に変動が無い場合でもBPを獲得できます。

メイン基地だけは占領することができないため、メイン基地をいくら攻撃しても
占領耐久度を減らすことなくBPポイントを稼ぐことができます。

このシステムを利用して、メイン基地には部隊を配置させずに、
ひたすら相手のメイン基地を攻撃してBPポイントを稼ぐのが、
模擬連合戦と呼ばれるものです。

攻撃方法

メイン基地をいくら攻撃しても占領耐久度を減らすことはできませんが
その代りランダムで施設が破壊されることが発生します。

これは用いる兵器によって、建物破壊の確率が違いますが、
一番確率が低いのが各国の歩兵であるとされています。

性能的に歩兵に近い、戦闘工兵でさえ歩兵に比べて、数倍建物破壊の確率が高いです。

そこで、メイン基地への攻撃は歩兵のみで行います。

間違っても戦闘工兵は使用しないでください。

基本的には資源地の占領と同じです。

資源占領部隊.png

上図のように、占領値は上限の 2000 ダメージ内に収めてください。(上図は実際は2001ですが)

必要以上に上げすぎても無駄ですし、建物破壊の確率も上がるのではないかとも言われており、
士官のレベルが高い場合は、手動で兵器数を調整してください。

歩兵は進軍が2なので、後衛に「歩兵輸送」スキルを持った[SP]ヘリを1機つけましょう。

あと、たまに勘違いする人がいますが、占領も通常の攻撃と一緒で近射程の歩兵は
後衛に配置しても意味がないので、前衛にのみ配置しましょう。

相手役の連合を用意する

模擬連合戦を行うには相手役となる連合が必要となります。

連合戦の相手を見つけてくる方法はいろいろありますが
よくやる方法としては、連合員の中から誰かがいったん抜けて
一時的に別の連合を立ち上げて、相手役になってもらうという方法です。

相手役には 17th.command さんと話をして連合を立ち上げてもらうことになりました。
主な理由は、お互いのメイン基地が近いからです。

模擬連合戦の専用基地

連合戦は 17th.command 連合と トイキング 連合 とに分かれて行います。
どちらの陣営に入ってもいいように、2人のメイン基地の間を中心に
連合戦用の専用基地を作ってもらって、BPポイントを効率的に貯めれるようにしてもらいます。

さらに、今後ライセンスのやりとり行うのに、一か所に集まっていると便利なので
できるだけ、下図の周辺に基地を1つ建ててください。

模擬連合戦場.png

連合メダル

連合戦終了後に、稼いだBPポイントが 1000 ポイントごとに 1 連合メダルがもらえます。

ただし、1回の開戦でもらえるメダルの上限があります。

開戦期間上限枚数
3日間100枚
7日間250枚

3日間コースの場合、BPポイントは 100,000 BPポイント以上稼いでも、
メダルは 100 枚以上もらうことができません。

連合メダルは、ブローカーのダンディ(連合戦メダル)で利用することができます。

ショップ.png  ブローカー.png  ダンディ(連合戦メダル).png

ここで、もらえる兵器ライセンスは【第二次世界大戦兵器】です。

http://daisenryaku.wikiwiki.jp/?%C2%E8%C6%F3%BC%A1%C0%A4%B3%A6%C2%E7%C0%EF%CA%BC%B4%EF

この第二次世界大戦兵器は2つ合わせてライセンス研究していくと
【α】【β】【γ】とパワーアップしていき、現代兵器より性能のいいものものができることがあります。

養殖について

養殖とは資源地に、援軍を送り込み、その資源地に攻撃して、援軍が一方的勝利するような編成で行い、
援軍で送り込んだ士官のレベル上げを行うことをこう呼ばれています。

自分の保有する資源地には、援軍しか送ることができず、攻撃はできません。

味方の連合員の資源地には、援軍を送って攻撃はすることはできます。
しかし、自作自演と判断されて、経験値を得ることができないシステムになっています。

そこで、味方の連合員以外の他人の資源地を借りて行う必要があります。

それともう1つ注意事項として、資源地(養殖場)の持ち主の基地に防衛施設がないと
援軍を送り込むことができないので、確認が必要です。

効率のいい攻撃兵器

攻撃する側の兵器として、コストと経験値のデータを取って、
中でもコストパフォーマンスに優れた兵器を絞り込んだのが以下の5つです。

養殖結論.png

特に生産時間を重視して、どんどん生産しながら、次から次へと攻撃部隊を送りこむならヤークトティーガー
一番資源のコスパがいいのは SU-100
バランスがいいのは KV-1ティーガー が良いですね。

士官が低レベルで低コスト優先SU-100
士官が中レベルでバランス優先KV-1
ティーガー
士官が高レベルで生産優先ヤークトティーガー

養殖の手順

①資源地に援軍を派兵する(間違って攻撃のまま送らないように)

援軍.png

②資源地に攻撃派兵する、このとき損害率は 100% で撤退にしておく

攻撃(100).png

③結果

養殖演習.png

所感

少しやってみた感じでは、レベルの低い士官は養殖で育てて、
ある程度育ったら海賊狩りに切り替えるといったやり方がいいかもしれません。

養殖地に向いた資源地

養殖用の資源地は基本内陸の資源地の横に作ることになるので海賊狩りはできません。
そこで、テロリスト活動地域や、テロリスト基地に隣接できる資源地を養殖用に選ぶと良いでしょう。

養殖用資源地.png

もはや、鉄鉱(小)と小都市くらいしか資源地は残っていませんが、
今後、基地を作り資源地を確保するなら、できるだけ
養殖地に向いた資源地を確保することで、養殖者の役にたつこともできます。

連合の分割 と 重要資源地の防衛

模擬連合戦で 17th.command さんに連合を立ち上げてもらいますが、
毎回連合を抜けては戻りを繰り返すのは面倒なので、
できれば、大決戦直前まで分家の連合として維持してもらいたいと思っています。

そのために、何人かの人に分家の連合に移ってもらいたいと思っています。
理由は3つあります。

1.17th.command さん1人だと、ボッチ連合とみられ攻撃される可能性がある

2.養殖を行うためには、連合員以外の人の資源地が必要となります。
  そこで、養殖をやりたい人に積極的に分家に移ってもらって、
  本家の人の資源地の横に基地を建てて養殖を行うことができる。

3.狙われやすい重要な資源地、例えば、大都市や油田(大)などを防衛するために
  その資源地を養殖用に利用してもらうことで、普段からその資源地に
  援軍を送っているので、占領されにくくなる。

以上の理由から、何人かの人に連合を移ってもらって、
養殖もできて、さらに重要資源地の防衛もできるという具合にメリットがいろいろあります。

少なくても5,6人くらいは移ってもらいたいと思っているのですが、
それ以下だと、17th.command さんとかが危険にさらされるので
連合戦後に、すぐ戻ってきてもらわないといけなくなります。

⑪援軍について連合戦の開戦が決定した際、
  資源地・基地にいる援軍は、一斉に強制撤退されます。

と書かれていますが、強制撤退後、連合戦中に相手国に援軍を入れられるかは
やってみないとわかりません。

重要資源地の防衛

どういう条件の資源地が狙われそうか、はっきりとはわかりませんが、
特に占領されたくない資源地があれば、一括送信メールでお知らせして
養殖をやってみたい人を探して、どちらが分家の方へ移籍するか個別に話合って下さい。
ただし、海底油田のような隣に基地を建てれないところはダメですが、
比較的陸から近い海底油田はOKにします。

分家の連合の名前

分家の連合の名前をどうするか考えたのですが、候補として

1.おもちゃ箱
2.ToyKingdom
3.おもちや王国

を考えてまして、

1.は「おもちゃ王国」とする前に考えてた名前で、
  あえて本家と似た名前にして、「おもちゃ王国」の模擬連合戦用に分離した連合
  だということを全面的にアピールする目的による命名です。

2.はあからさまなアピールはしないけど、関連があることをにおわせる目的です。

3.小文字の「ゃ」を大文字の「や」に変えただけの偽装です。
  (空白文字はやはり使用できませんでした)

以前いた別のサーバーの連合で、ボッチ連合でも、模擬連合戦用の連合かもしれないから
そういった相手には攻撃しないように注意して欲しいということを言われたことがあります。
名前をみてそれっぽかったら攻撃するなってことです。

他の大手の連合であっても、あまり意味のない戦争をして兵器を消耗することは
避けたいわけで、うちのような平和主義宣言もしてて、拠点も持ってないような連合を
相手にしても得なことは無いので基本的にはもめたくないと思っているはずです。

なので、思い切って分家の名前は「おもちや王国」でいいかなと思っています。

本家と分家の移籍

分家へ分離

1.分家の連合長を務める人がまず、連合を脱退する

  連合情報.png  設定.png  脱退.png

2.「おもちや王国」を設立する

  連合設立.png  おもちや王国

3.連合員の勧誘
  分家の連合長は分家へ移籍する人を勧誘する
  分家への移籍希望者は養殖用資源地で確認できる。
  (本家に所属していても勧誘はできる

  連合情報.png  設定.png  勧誘.png

4.分家へ移籍を希望する人のもとに招待状メールが届く

5.分家へ移籍を希望する人は本家を脱退する

  連合情報.png  設定.png  脱退.png

6.分家へ移籍を希望する人は連合加盟の中に「おもちや王国」からの招待状があるので参加する

  連合加盟.png  おもちや王国

分家へ移籍したい人が先に脱退して参加要請すると、連合長の承認を待つ間
どこの連合にも参加していない状態になるため
先に勧誘することで、連合に参加していない時間をなくすことができる。

本家へ合流

1.本家の連合長(副連合長でも可)が分家の人全員に勧誘を行う

  連合情報.png  設定.png  勧誘.png

2.分家へ移籍した人のもとに招待状メールが届く

3.分家の連合長以外の連合員がまず、脱退して本家へ連合加盟する

  連合情報.png  設定.png  脱退.png

  連合加盟.png  おもちゃ王国

4.連合員全員、本家に移動したことを確認してから、分家の連合長は連合を解散して本家へ合流する。
  もし、いつまでも本家に合流しない連合員がいる場合、分家の連合長は強制的に解散して戻ってきてください。

  連合情報.png  設定.png  解散.png

  連合加盟.png  おもちゃ王国

同様にこの方法なら連合に参加していない時間を無くすことができる。






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-31 (金) 21:34:10